広告 HSPの生き方

HSPに合った仕事の選び方とは?注目したい4つのポイントについて解説

※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

仕事は自分の時間のなかで多くの割合を占めるので、自分に合った仕事を選ぶことが大切です。

とくに、細部が気になりがちで繊細なHSP気質の人は、合わない仕事を続けると悩みや生きづらさの原因になりがちです。

そこで、今回はHSPの仕事の選び方について解説します。

HSPが仕事選びで重視したいこと

HSP気質のある人は、働くことが嫌になって、仕事に行くのが憂鬱になることも多いのではないでしょうか。

HSPは細かいことが気になったり、他人に共感し過ぎてしまったり、緊張しやすかったりと、繊細さや感受性の強さからストレスや疲労を抱えやすいです。

そのような状態にならずに、HSPが自分の能力を発揮しつつ楽な気持ちで働くには、次のポイントに注意しましょう。

仕事選びで重視したいポイント

  • 強みを活かせるか
  • 仕事内容が自分に合っているか
  • 働く環境
  • 仕事の辞めやすさ

強みを活かせるか

仕事を選ぶときには、「自分の強みを活かせるもの」を選択することが大切です。

強みを活かせる仕事なら、スムーズに仕事を進められ目に見える成果につながりやすいです。

逆に、強みを活かせない仕事についてしまうと、思うように成果につながらずに落ち込んだり、無理して苦手なことをやらなければいけなくなったりして、あまりよい結果につながりません。

そのため、自分の強みを理解して、それを積極的に活かせる仕事を選びましょう。

「自分の強みがわからない」という場合は、次のようなHSPの強みを活かせる仕事を検討してみるとよいでしょう。

HSP特有の強み

  • 細部に気づき配慮できる能力
  • 平和的に他者と協調できるスキル
  • 他者に共感したり他人の気持ちを理解できる能力
  • 思慮深さ
  • 分析力
  • クリエイティブな能力
  • 柔軟性や適応力の高さ(HSS型の場合)

HSPは自分の性質を弱みとしてとらえがちです。

しかし、弱みは見方を変えると強みでもあるので、「弱みを自覚している人ほど実は多くの強みをもっている」とも言えます。

大切なのは、自分の弱みの裏側にある強みをきちんと理解することです。

上記に挙げたHSP特有の強み以外にも、人により、誰もが「自分だけの強み」をもっているはずです。

それを洗い出して、積極的に活かせる仕事を選びましょう。

仕事内容との相性

「仕事内容が自分に合っているか」「興味があるか」というところも大切です。

たとえ自分の強みを活かせたとしても、自分にその仕事内容があっていない場合には、働くことが苦痛になりやすいです。

たとえば、細かいところによく気がつくからと校正の仕事をしてみたとしても、実は「単調な作業が嫌い」だったら、長期間その仕事を続けるのは苦痛に感じてしまう可能性が高いでしょう。

それでも、「一時的」と割り切ってやるならよいかもしれません。

ただし、長期間働くことを前提にしているなら、自分と合わない要素のある仕事は、できる限りはじめから避けるほうがよいです。成果は出せても、長く続ければ続けるほど仕事が苦痛になってしまいます。

そのため、「得意を活かせる」「その仕事をできる能力がある」というだけではなくて、自分がその仕事に興味があるのか、自分の価値観と合っているのかを検討して仕事を選ぶことも大切です。

働く環境

HSPは、働く環境により仕事の満足度に大きく影響を受けます。

できる限り、自分と合う環境を選び、逆に自分と合わない要素がある環境は避けるようにしましょう。

たとえば、人間関係がストレスになりやすいなら、「飲み会や社内イベントなどのない職場」を選ぶか、「職場の人との相性のよさ」を重視して選ぶなどのことが必要です。

もし、

  • 大勢の人と一緒に働くと集中できない
  • いつも近くに他人の目があると緊張してしまう
  • 突発的な大きな音や騒音などが気になってしまう
  • 職場の人との飲み会やランチが苦痛

などの場合には、フリーランスやリモートワークなど、自宅のような静かな環境にいて一人で作業ができる仕事を選ぶとよいでしょう。

とくに、フリーランスで仕事をすれば人間関係に振り回されることもなく、作業する場所や時間も自由に選べるため、自由度が高くおすすめです。

辞めやすさ

HSP気質の人は、辞めやすい仕事を選ぶのもおすすめです。

仕事がつらくなってしまったときに、「辞めようと思えば比較的簡単に辞められる」仕事であれば、日ごろの仕事へのプレッシャーや負担を軽減しやすいです。

また、HSS型の人は、仕事内容などにもよりますが、同じ仕事や職場で長期間働くのが苦手なところがあるため、あらかじめ辞めやすい仕事を選ぶほうが楽かと思います。もしくは、フリーランスのような自分で案件を選んで対応できる仕事やパラレルワークのような働き方をするとよいでしょう。

辞めやすい仕事というと、選択肢は派遣社員や契約社員などの非正規雇用が中心になってしまうため、社会的信用度や安定性を重視したい人は難しいかもしれません。

ただ、上記のような仕事なら、実際に働きはじめて仕事がつらくなったときに、「契約更新をしない」というだけで無理なく辞められますし、派遣の場合は一つの仕事を辞めても、間を空けずに他の職場を紹介してもらいそのまま働くことも可能です。

そのため、「仕事がつらいけど簡単に辞められない」という心理的なプレッシャーを抱えることなく働けるでしょう。

まとめ

この記事のポイント

  • 強みを活かせるか
  • 仕事内容が自分に合っているか
  • 働く環境
  • 仕事の辞めやすさ

HSP気質の人は、仕事に悩みを抱えやすいため、仕事選びが重要です。

仕事選びの際には、自分の強みを活かせるかどうかだけでなく、自分の価値観に合わない要素がないかどうかや働く環境にも注意しましょう。

また、仕事でストレスを抱えやすかったり、ゆるく働きたい場合には、あらかじめ辞めやすい仕事を選んでおくのもおすすめです。

無理せず自分の能力を活かしつつ、楽に働ける仕事を見つけましょう。

この記事が役に立ったら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングでフォロー

-HSPの生き方