広告 HSPの仕事・働き方

HSPは副業したほうがいい理由とおすすめの仕事・注意点を紹介

※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

HSP気質の人は環境に左右されやすいところがあり、仕事でストレスを感じがちです。

なので、一つの仕事だけに絞って働くよりも、副業に取り組んで複数の収入源をもつのがおすすめです。

今回は、HSPにおすすめの副業について解説します。

HSPが副業したほうがいい理由

HSP気質の人が副業に取り組むんだほうがいい理由は、次の3つです。

本業でゆるく働ける

副業をすれば、本業の割合を減らして「ゆるく働く」ことが可能です。

「本業でフルタイムで働くのがつらい」と感じている場合には、副業をすることで副収入を得られます。

なので、たとえば本業の勤務時間や勤務日数を少なくして、ゆるく働くといった選択肢をもてるようになります。

とくに、副業に「自分の好きなこと」や「得意なこと」を選べば、いずれは副業の割合を大きくして、「副業を本業にする」こともできるようになり、将来的な自由度を広げることが可能です。

スキルを高められる

副業をすることで、特定の分野のスキルを高められます。

たとえば、Webライターの仕事をすれば、ライティング力を高めることにつながります。さらに、ライティングスキルを高めれば、「テキストで円滑にコミュニケーションが取れるようになる」「自分でブログを運営して集客できるようになる」など、他の場面でも役立てることが可能です。

ゆづき

本業のスキルを伸ばしてもよいですし、新しいことに取り組んでスキルを身につけるのもよいですね!

副業に取り組んで、特定の分野のスキルを高めることで、将来できることの幅を広げられるでしょう。

本業にできるかどうかを見極められる

副業に取り組むことで、その仕事を本業にできるかどうかを見極められます。

HSPの人はフリーランスの働き方に興味をもつこともあると思います。とは言え、フリーランスは収入が不安定だったりと、いきなり本業にするにはリスクが大きいです。

それでも、まずは副業として、興味のあることや挑戦してみたいことに実際に取り組むことで、実績や経験を積めます。

ゆづき

十分な経験や実績を積んだタイミングで本業にすればリスクを低減できますよ。

副業としてはじめるなら、小さくはじめられますし、もしやってみて自分には合わないとわかっても大きな問題になりません。

「どこが自分に合わないのか」「そもそも、なぜその仕事に興味をもったのか」を深掘りしていくことで、本当にやりたい仕事を見つけることにもつながるでしょう。

HSPにおすすめの副業

副業には、「マイペースでできること」や「HSPの強みを活かせる」ことがおすすめです。

たとえば、HSP気質の人におすすめの副業として、次の4つがあります。

ブログアフィリエイト

ブログはマイペースでできて取り組みやすいため、HSPにおすすめです。

「長く続けている趣味」や「これからはじめたい趣味」「新しく身につけたい知識」などがあれば、それらの趣味や知識をテーマにブログを運営してみるとよいでしょう。

副業として収益化できるかどうかは、やり方や継続できるかどうかなどにもよりますが、試行錯誤しながらコツコツと継続することで、本業を超える収入を得られる可能性があります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングで案件を獲得し、フリーランスとして働く方法です。

クラウドソーシングには、さまざまな職種の案件が掲載されていて、ほとんどが在宅でできる仕事ばかりです。

Webライターなら特別なスキルがなくても仕事を受けられますし、Webデザインやグラフィックデザインなどの専門スキルがあれば、もっているスキルや実績を活かして仕事を受注できます。

まずは無理なくできそうな案件から選んで取り組んでみるとよいでしょう。

クリエーター

「自分で1から作品を生み出す」クリエーターとして活動する方法もあります。

たとえば、ハンドメイド作家のように、趣味で作品作りをしている場合には、自分で製作した作品を商品としてWeb上で販売して副業にするやり方ですね。

ハンドメイド作品以外にも、絵画や小説のような芸術活動もHSPには向いています。

すぐにある程度の売り上げをあげるのは難しくても、楽しみながら収入につなげられるでしょう。

占い師・セラピスト

HSPは共感力が強いため、占い師やセラピストのような仕事にも適性が高いです。

相談に対して、相手の気持ちに寄り添いながら、適切なアドバイスができるでしょう。

たとえば、占い師になるには、占い会社に所属して対面や電話・チャット占い師などで働くほか、自分でSNSやブログで集客して活動する方法もあります。電話占い師の場合は、シフトが入れやすいなど占い師が働きやすい環境を整えているところも多いので、副業としても取り組みやすいでしょう。

ただ、他者に共感し過ぎてしまい、ストレスを抱えたり負担にならないように注意が必要です。

HSPが副業する際の注意点

HSPが副業に取り組む際には、次のポイントに注意しましょう。

稼ぐことだけを目標にしない

稼ぐことだけを目標に副業をはじめないようにしましょう。

副業をすることで副収入を得られますが、稼ぐことだけを目標にしてしまうとモチベーションを継続できなくなる可能性があります。

副業をはじめると、本業とは別に仕事をすることになります。なので、稼ぐことだけを目的に無理に仕事を請けてしまうと、負担が大きくなりモチベーションが低下してしまいかねません。

モチベーションを維持して継続するためには、「自分が楽しめる仕事」や「マイペースでできる仕事」を選んだり、「スキルアップなどの長期的な目標達成につながる仕事」を選んではじめるようにするとよいでしょう。

ストレスや負担にならない範囲で行う

自己管理を十分に行い、自分に負担にならない範囲で副業を行うようにしましょう。

副業とはいっても、仕事としてやるからには納期を守り、クオリティの高い成果物を納品する必要があります。たとえば、「納期までに納品できると言って受注したのに、納期を守れなかった…」となると、その後の受注に影響が出てしまう恐れがあります。

また、仕事を受けすぎて自分に負荷がかかりすぎると、体調を崩したり本業に影響が出たりといった悪影響につながりかねません。

そのため、無理なスケジュールで仕事を受けたり、レベルの高すぎる案件を無理に引き受けたりして、自分に負担やストレスにならないように注意が必要です。

まとめ

この記事のポイント

  • 副業に取り組むことでゆるく働ける
  • 副業を本業にするなど将来の選択肢も広げられる
  • 副業は負担にならない範囲で行う

HSPは仕事でストレスを感じることが多く、働き方に悩みがちです。

それでも、副業に取り組んでいれば、本業の割合を減らしてゆるく働いたり、いずれ副業を本業にして自分の好きなことで稼いだりと働き方の選択肢を広げられ、仕事への悩みを軽減できます。

副業に興味がある人は、次の記事を参考にできることから行動してみてください!

この記事が役に立ったら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングでフォロー

-HSPの仕事・働き方