広告 数秘術の基礎

【数秘術】「22」をもつ人の適職と仕事を選ぶポイントを解説

※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

数秘術のチャートで22が強いは、ビジネスで活躍する大きな可能性をもっている人ですが、仕事を選ぶときには何を重視すればよいか悩むこともあるかもしれません。

そこで、今回は数秘術のナンバーのなかでもキャリアと関連が強い「ディスティニー・ナンバー」に22をもつ人や、チャートのなかで22が目立つ人に向けて、おすすめの仕事や適職、仕事を選ぶ際のポイントについて解説します!

数秘術22の人におすすめの仕事

数秘術で22が強い人の適職やおすすめの仕事には、次の3つがあります。

ここでは22の要素が強い人に合った仕事を紹介していますが、実際にどのような仕事が自分に合うのかは、他のナンバーとの組み合わせで大きく変わってきます。下記で紹介する仕事の要素を踏まえながら、他のナンバーと総合的に見て適職を判断してください。

国家公務員・政治家

数秘術22をもつ人は、世の中に永続的な変化をもたらす、大きな可能性のある人です。

未来志向の高い理想をもちながらも現実的なビジョンをもっています。さらに、実践力や粘り強さもあり、難しいと思われることでも実現できる資質を備えた人です。

また、野心や私利私欲が仕事のモチベーションになる人ではないため、責任の重い国家公務員や政治家のような仕事でも、世の中のよりよい基盤をつくるために活躍できるでしょう。

経営者

数秘術22の人は、決断力や実践力があり、もっているアイディアやビジョンを現実的に形成できる能力があるため、経営者にも向いています。

自身の事業で、価値のあるものを生み出す経営者になれるでしょう。

地球規模のプロジェクト

数秘術で22をもつ人は、規模の大きなことに関心が向く傾向があり、大きな規模のビジネスで能力を発揮できます。

そのため、地球環境課題への取り組みのような、スケールの大きなプロジェクトに関わる仕事も適職となります。

数秘術22の人が仕事を選ぶポイント

数秘術で22をもつ人が仕事を選ぶ際には、次のポイントに注意しましょう。

大きな理想を現実化する役割

数秘術で22は、「2」「4」「11」の影響を併せもつナンバーです。そのため、明確なビジョン、実践力や協調性といった多くの能力をもちます。

とくに、ディスティニー・ナンバー22の人は、大きな理想を具現化する使命をもち、大きな可能性を秘めている人です。スピリチュアル的な理想を具現化して、世の中に永続的な変化をもたらす役割を担うことが期待されています。

そのため、とにかく大きな視点で物事を見ていくことを大事にするとよいでしょう。

困難を乗り越えて到達する

数秘術22の人は、大きな理想を実現する役割を担う人ですが、そのために自らが多くの困難を経験し、乗り越えていくことが求められます。

22をもつ人は、実現が難しいことに挑戦することになります。

そのため、理想の実現にふさわしい意識やビジョン、能力を身につけるために、人生において多くの困難を経験する可能性があるのです。

しかし、困難を含めたさまざまな経験が目標達成につながることでもあるため、たびたび困難や問題が生じても動じることなく、それを超えていくよう意識するとよいでしょう。

逆に、逆に仕事を選ぶ際には、自身の成長につながらないものは避けるほうがよいでしょう。

4の分野も検討する

数秘術22の人は、合計すると4になるため、4の分野も検討しましょう。

22は数秘術でマスターナンバーと呼ばれる強力なナンバーです。ただし、マスターナンバーは自身が意識して使うことで活用できるナンバーなので、求められる意識の状態に到達していない場合は4の影響のほうが強くなります。

そのため、自身がとくに22のマスターナンバーに同調していないと感じる場合には、4のナンバーに適した仕事を検討してみましょう。

他者との協調を意識する

22の人は、大きなビジョンをもち理想に生きる人ですが、一方で頑固で横柄になりがちなところがあるため、周囲との協調も意識するとよいでしょう。

理想の実現には、周囲との協調が必要です。頑固さで周囲のサポートを得られなくなり、理想の実現が困難にならないよう、周囲との協調も意識するとよいでしょう。

まとめ

この記事のポイント

  • ディスティニー・ナンバー22の人は大きな規模で世の中に変化をもたらす人
  • 壮大なアイディア、スケールの大きなことに関わる仕事が向いている
  • 困難が多く生じる可能性があるが、必要な一部として克服していくよう意識する

数秘術で22をもつ人は、大きな理想を現実化する人です。

地球規模のプロジェクトなど、抱いている大きな理想やアイディアを現実的な形にする仕事で活躍できる可能性があります。

そのため、人生の前半では困難に多く遭遇するかもしれませんが、それらは大きなものを創造するための経験として克服するよう意識するとよいでしょう。

また、独善的になって周囲のサポートを失わないように、周囲と協調することも意識しましょう。

この記事では、22が強い人の適職として紹介していますが、自分にとって実際にどのような仕事が合うのかは、他のナンバーもあわせて総合的に見ていく必要があります。次の記事も参考にして適職を検討してみてください!

スポンサーリンク

この記事が役に立ったら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングでフォロー

-数秘術の基礎