広告 数秘術の基礎

数秘術2と相性のよい・よくないナンバーは?長続きするポイントも解説

※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

数秘術で2をもつ人は、人とのつながりや関係を重視する人ですが、どのようなタイプの人と相性がよいのか、逆にどのようなタイプとは相性がよくないのか、人間関係で悩むこともあるかもしれません。

そこで、この記事では、数秘術で2をもつ人の相性のよいナンバーとよくないナンバー、相性を理解するポイントについて解説します!

数秘術2と相性のよい・よくないナンバー

数秘術2と相性のよい、もしくはよくなナンバーとして、次の4つがあります。

2と相性のよい・よくないナンバー

相性を見るときのナンバー

数秘術には、ライフ・パス・ナンバーやディスティニー・ナンバー、ソウルアージ・ナンバーなど、いくつものナンバーがあり、相性を見るときには、どのような関係性かによって見るナンバーが異なります。ここでは、恋愛や家族などの関係において、基本的な資質から相性を判断する、ライフ・パス・ナンバーでの相性について解説します。

2&4

数秘術4は、現実的で堅実、安定を好むタイプの人です。

数秘術2と共通点も多く、相性のよい組み合わせの1つです。

4の人は誠実で、恋愛においては将来を視野に入れた長期的な関係を望む傾向にあります。そのため、4の人とは、お互いに望むものが近く、安定的なよい関係を築ける可能性があります。

はただし、安定感はあっても、刺激に欠け、倦怠感を覚えやすい組み合わせでもあります。

2&6

数秘術6の人は、思いやりがあり家族志向の愛情深い人です。

どちらも人とのつながりを重視し安定を好む点で共通しているため、相性のよい組み合わせです。互いにサポートし合い、長期的に継続できる関係性を築ける可能性があります。

深い思いやりや気遣いにあふれた6の人の愛情に、2の人も包み込まれるような心地よさを感じられ、穏やかな幸せを感じられるでしょう。

2&8

数秘術8は、現実的で有能な人です。ビジネス志向で金銭感覚に優れ、成功への野心を強くもっています。

両者は異なるタイプのように思えますが、誠実で頼りになる8の人は、2と相性のよいナンバーの1つです。

感情的に敏感で繊細、相手の気持ちを理解する能力が強い2と、ビジネスでの目標達成を重視する8の人は、明確な役割分担ができる組み合わせです。

8はお金などの物質的なものを生み出して与える人、2は感情面で相手をサポートする人と、相互にうまく役割分担ができ長期的な関係を築ける可能性があります。

2&5

数秘術5は自由を何よりも好む人で、長期的な関係性を築くのは得意ではありません。そのため、人とのつながりをもっとも重視し、安定的な関係を望む2の人とは、相性のよくない組み合わせと言えます。

5の人にはやりたいことが常にたくさんあり、多趣味な人です。他者とのつながりよりも自分のやりたいことを優先しがちなため、長期的に安定した関係性を築くには不向きです。

それぞれもっている資質や求めるものが違うため、お互いの違いを学び合うことで成長につながる可能性はあります。ただ、そのためにはお互いに、相手の求めるものを満たせるように意識して譲歩する必要があるでしょう。

数秘術2との関係が長続きするポイント

数秘術2の人と良好な関係を築きたい場合には、次のポイントに注意するとよいでしょう。

他者との調和を望む人

数秘術2の人は、他者の感情への理解力に優れ、よいサポート役やパートナーとなれる人です。

他者と協調して調和を生み出すことを好み、他者と長期的に確かな関係性を築くことを何よりも望んでいます。

そのため、同じように安定を好む4・6をもつ人とは、よい関係につながりやすいです。他にも、2同士や相性の良い組み合わせとなります。

とはいえ、他のナンバーがまったくダメという意味ではなく、たとえば3や5のような異なる要素をもつナンバーの人とは、刺激的でより楽しい関係性が築けたり、お互いの違いから成長が期待できる組み合わせです。

また、1や8のような頼り甲斐のあるタイプの人とは、うまく役割分担をすることを意識すれば、長期的によい関係性を築ける可能性があります。

距離感を大事にする

数秘術2の人は、人とのつながりを求めるため、嫉妬心が強くなったり、過剰に距離を詰めたがったり、相手のことに口出しするようになったりすることがあるかもしれません。

そうしたところが重く感じられたとしても、露骨に突っぱねるような態度は、2の人を悲しませてしまう可能性があるため注意しましょう。

また、お互いの関係よりも他のことに注力するといった、2をないがしろにするような態度も傷つけてしまう可能性があります。

2の気質を理解して、適度に譲歩することが必要です。

まとめ

この記事のポイント

  • 数秘術2の人は、人とのつながりを大切にする
  • 数秘術4・6のように安定感があり長期的な関係を築ける人と相性がよい
  • 数秘術5のような異なる要素のある相手とは成長できる関係が期待できる

数秘術2の人は、他者とのつながりを重視し、そこに幸せを感じるタイプです。

そのため、5のような多趣味で安定した関係を築くのが苦手なタイプとは相性がよいとは言えませんが、安定を好む4や6、役割分担がしやすい8のような人とはよいパートナーとなれる相性です。

ただし、2の人は、他者とのつながりを求めるだけに、それに応えられないと傷つけてしまうこともあるため、2の人の気質を理解して、適度に譲歩するようにしましょう。

スポンサーリンク

この記事が役に立ったら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングでフォロー

-数秘術の基礎