広告 数秘術の基礎

【数秘術】「1」をもつ人の適職と仕事を選ぶポイントを解説

※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

数秘術で1をもつ人は、自分の意志を明確にもつため、仕事内容によって向き不向きがわかれがちで、どのような仕事が合うのか悩むことがあるかもしれません。

そこで、今回は数秘術のナンバーのなかでもキャリアと関連が強い「ディスティニー・ナンバー」に1をもつ人や、チャートのなかで1が目立つ人に向けて、おすすめの仕事や適職、仕事を選ぶ際のポイントについて解説します!

ゆづき

とくに、ライフ・パス・ナンバーやディスティニー・ナンバーに1がある人は参考にしてみてください!

数秘術1の人におすすめの仕事

数秘術で5が強い人の適職やおすすめの仕事には、次の6つがあります。

ここでは1の要素が強い人に合った仕事を紹介していますが、実際にどのような仕事が自分に合うのかは、他のナンバーとの組み合わせで大きく変わってきます。下記で紹介する仕事の要素を踏まえながら、他のナンバーと総合的に見て適職を判断してください。

コンサルタント・弁護士

1の人は、自分が目指しているものに対して情熱をもって取り組み、ハードワークも辞さない人です。

また、頭の回転が早く、優れた問題解決力をもっているため、問題やトラブルを抱えている人を解決に導く、コンサルタントや弁護士といった仕事に適しています。

教師・コーチング・メンター

数秘術1をもつ人は、人を導く役割をもつ人です。

自己管理能力があり、コミュニケーションスキルにもすぐれているため、教えたり話したりする要素のある仕事に向いています。

何より、自信にあふれ自立している1の人は、自分の背中を見せることで他者にやる気を与える力があるため、教師やコーチング、メンターといった立場の仕事をすれば、よい指導者として人を導くことができるでしょう。

数秘術のチャートで1を強くもつ人は、人と違った視点から物事を見ることができ、発想力もあります。

コミュニケーション能力や情報収集力にも優れているため、マーケティングや営業などの仕事などでも、適性を発揮できる可能性があります。

フリーランス・起業家・自営業

1の人は、他者から指示されるのではなく、自分が先頭に立ち、自分のやり方で物事を進める人です。

自立型で野心や決断力もあるため、フリーランスや起業家、自営業といった立場や働き方が適しています。

また、意志の強さや自己管理力、リスクを恐れず責任をもって何かをはじめられるなど経営者に必要な能力をもっていて、目標に向けてきちんと努力や行動ができる人です。

これらの強みを活かし、自分が情熱をもって取り組める分野の事業を行えば、成功をおさめられるでしょう。

デザイナー

1のナンバーをもつ人は、型にはまらない考え方ができ、創造力や独創性があります。

また、1の人は常に新しい情報を見つけ取り入れていけるため、時代の流れにあわせて変化や進化がもとめられるファッションデザイナーのような仕事も適しているでしょう。

数秘術1の人が仕事を選ぶポイント

数秘術で5をもつ人が仕事を選ぶ際には、次のポイントに注意しましょう。

個人の力を活かせる仕事

数秘術で1が強い人は、自分の意志があり自立している人です。

「自分が先頭に立つ」「新たに道を切り開く」「人に指示を出す」といったように、自分一人でする仕事や責任のある立場が適しています。

逆に、人から指示を受ける立場やチームで行う仕事はうまくいきにくでしょう。

上記で紹介した分野の仕事以外にも、決断力やスピード感のある行動力、リーダーシップ、発想力を活かせる仕事につくことを意識することで、持ち前の資質や能力を発揮できるでしょう。

自分に自信をもつ

1をもつ人は自分に自信をもち自立している人ですが、なかには自分に自信がもてず、人の先頭に立つことに拒否感をもつ人もいるかもしれません。

とはいえ1の人には、「自立を促すための機会」も多く訪れているはずなので、起こったことに向き合い、自分で問題を解決し、自信をもって先頭に立つ役割を果たすことが大切です。

とくにディスティニー・ナンバーが1の場合は、人の先頭に立つことが使命でもあります。自らが率先して行動し、恐れずに挑戦する強さを示すことで「ついていきたい」と思わせる存在となり、人を導く立場になることを意識するとよいでしょう。

周囲との信頼関係も大切にする

数秘術で1が強い人は、正直で情熱がありまっすぐな気質が魅力である一方で、他人への配慮に欠けるところがあります。

我が強く、自分と合わないタイプに対して攻撃的になることがあります。すると、結果として、人がついてこなくなる状況に陥り、孤独になちがちな点に注意が必要です。

1の人は自分の考えに自信をもっているため、自分にも他人にも厳しくな、自分の思い通りに物事が進まないと怒ったり、他者に批判的になったりすることもあるでしょう。

自立していて自分に自信をもっているのは、1の人の強みです。

ただし、他者に厳しくなり過ぎずに、周囲の意見も聞く、取り入れるようにするなど、周囲との協調や信頼を築くことも大切です。

まとめ

この記事のポイント

  • ディスティニー・ナンバーやチャートに1が目立つ人は「先頭に立つ人」
  • 一人でする仕事や人に指示を出す仕事が向いている
  • 自分が道を切り開き、他者を導く役割になることを意識する
  • 他者に厳しくなりがちなため、信頼関係を築くことも大切

数秘術で1をもつ人は、一人でできる仕事、人に指示を出す仕事など、自身の能力を発揮できる仕事にもっとも適性があります。

ただし、チームワークが苦手で孤独になりやすい面もあるため、周囲に多くを求めたり強くあたったりしてしまう傾向が強い場合は、他者との信頼関係を築くように努めることも意識するとよいでしょう。

この記事では、1が強い人の適職として紹介していますが、自分にとって実際にどのような仕事が合うのかは、他のナンバーもあわせて総合的に見ていく必要があります。次の記事も参考にして適職を検討してみてください!

スポンサーリンク

この記事が役に立ったら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングでフォロー

-数秘術の基礎