広告 占い全般

占いで人間関係の悩みは解決できる?占いでできる5つのこと

※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

職場や友人、恋人、家族との関係など、人間関係に関することはよくある悩みの一つです。

さらに、人間関係の悩みは複雑だったり深刻化したりしがちで、解決が難しいように思うこともあるでしょう。

しかし、そのような悩みでも、占いを活用することで、解決方法のヒントを得たり、心理的な負担を減らしたりすることができるので、活用してみるのがおすすめです。

そこで、今回は人間関係で悩んだときに占いでできることを5つ紹介します。

自分と相手の性格を理解する

占いを使うと、自分自身と相手の性格について客観的に理解できます。

占いにはいくつもの種類がありますが、そのなかでも数秘術のような「命術」と呼ばれる占術は、生年月日や名前といった情報から自分や相手がどのような人かを知ることができます。

命術とは?

命術は、生年月日などの不変的な情報を使って占う占術です。

性格や他者との相性、運勢、使命などがわかります。

主な命術には、西洋占星術や数秘術、四柱推命・九星気学などがあります。

たとえば、次のようなケースに命術を使って自分や相手をよく理解することで、悩みや問題が起きる理由を理解できるようになります。

こんなお悩みないですか?

  • 「あの人が何を考えているのかわからない…」
  • 「この人のこういう態度が好きじゃない…」
  • 「人間関係が長続きしない…」

人は第一印象で相手がどのような人か判断することが多いですが、実際には「見た目と内面的な性格が違う」ということもあるものです。

人のもつ性質は一つではなく、複数の要素が重なり合っていて「外から見た印象」と内面的にもつ性質が大きく異なることもあるものです。そうしたギャップは、ある程度親しくならないとわからないこともあれば、本人自身も気づいていないこともあります。

なので、そうしたギャップをまず理解することだけでも、他人とのトラブルを避けられたり、よりスムーズに物事を進めたりことにつながります。

そのようなときでも、占いを活用すれば、自分や相手がどのような人かをまずは理解したうえで、人と関わるうえで重要な、次のポイントを判断することができます。

命術でこのようなことがわかります

  • どのように接するとスムーズに関係を進められるのか
  • 自分がどのような相手と相性がよいのか(または相性がよくないのか)
  • (自分もしくは相手が)どういう態度を取られると嫌な気持ちになるのか
  • (自分もしくは相手は)人との関係性に何を求めているのか

フルネームや生年月日などの情報であらゆる人間関係に応用できるので、人間関係で悩みがちな人は活用すると便利です。

相手の気持ちを推測できる

占いから、相手の気持ちを推測することもできます。

人間関係で悩んでいるときに、「相手が自分をどう思っているのか気になる…」ということは多いのではないでしょうか?

そのようなときには、タロット占いのような「卜術」を使うと、相手の気持ちを占うことができます。

卜術とは?

卜術とは、カードなどを用いて偶然に出た結果から答えを導く占い方です。

タロットカードの他に、ルノルマンカード・ルーン・アストロダイス・ホラリー占星術などがあります。

相手の気持ちを占う以外にも、「今の状況のまま進んだ場合に相手との関係性がどのようになっていくのか」といった未来予測も可能です。

結果は100%保証されるわけではありませんが、今のままいくとどのような状況になるのかをある程度想定できるので、人間関係で悩んでいるときには、まったくどうしていいかわからないというよりも不安を軽減することにつながります。

背中を押してもらえる

占いを活用することで、問題解決に向けて行動するための後押しをしてもらえます。

人間関係を改善するためには、ただ占って納得するだけでなく、自分で行動することが必要な場合もあります。

関わりたくない人と一緒に仕事をしなければいけなかったり、相手に自分を理解してもらうためにコミュニケーションを図ったりなど、苦手だったり気が進まなかったりすることをしなければいけないこともあるでしょう。

そのようなときに、オラクルカードを活用すれば、今の自分に必要なメッセージを受け取れます。

「うまくやっていく自信がない」「どうしたらよいかわからない」といった漠然とした状況でも、カードがそのときにどんな点に注意すればよいのか、どのような行動を取れば状況が改善に向かうのかをアドバイスしてくれます。

そのため、占いを活用することで、実際に問題解決のために動き出す後押しになるでしょう。

人に話しづらい悩みでも相談できる

人間関係の悩みのなかには、「誰かに相談したいけど友人や知り合いに言いにくい」「そもそも人に相談するのが苦手」という場合もあるでしょう。

知り合いには話しにくい内容でも、占い師になら相談しやすいこともあるので、人に相談しにくい悩みの場合は占い師に相談するのも一つの方法です。

占い師は、客観的に話を聞き、占いの結果から適切なアドバイスをします。

また、占い以外にも、占い師自身の経験に基づいてより具体的なアドバイスを得られたり、悩みに共感して力強く後押ししてくれたりしてくれるので、心理的な安心感や実際に問題解決に有効なヒントを得られるでしょう。

自分で占いを学べばいつでも悩みに対応できる

自分で占いを学ぶことで、いつでも悩みの解決に活用することができます。

占いは誰でも学ぶことができるため、自分でタロットカードやオラクルカードといった占いを学ぶことで、悩みがあるときに自分で占いを通じて解決のヒントを得られます。

とくに、人気のあるタロットカードは、初心者向けのわかりやすい解説本も多くあるため学びやすいです。

オラクルカードは解釈の自由度が高く直感力を活かせるため、初心者でも取り入れやすいと思います。絵柄も美しいものが多いので、見ているだけでも心が癒されるところも魅力です。

一方で、西洋占星術のような命術は学ぶまでに時間がかかりますが、一度知識を身につければ深い鑑定ができます。複雑な悩みを抱えているときでも、自分で本質的な問題解決ができるようになるでしょう。

まとめ

占いでできる5つのこと

    • 自分と相手の性格を理解する
    • 相手の気持ちを推測できる
    • 背中を押してもらえる
    • 人に話しづらい悩みでも相談できる
    • 自分で占いを学べばいつでも悩みに対応できる

    仕事関係や友人、恋人など、誰にとっても人間関係に関する悩みはつきものです。

    さらに、人間関係に関する悩みは複雑化・深刻化してしまい解決が難しいこともあるでしょう。

    占いを活用すれば、どのような状況でも解決のためのヒントやが得られます。

    命術を使って自分自身や相手をより理解してうまく対応方法を見つけたり、タロットカードやオラクルカードで今の状況に対するヒントを得て、実際に解決のために具体的な行動につなげることができます。

    占いは悩みに対して複数のアプローチの仕方ができるため、悩んでいるときには占いをを活用することを検討してみるのがおすすめです。

    スポンサーリンク

    この記事が役に立ったら応援お願いします!

    ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングでフォロー

    -占い全般