広告 数秘術の基礎

数秘術6とは?基本的な意味や特徴などについて解説

※このサイトではアフィリエイト広告を利用しています。

数秘術では、ナンバーの意味から自分の性格や使命などを把握することができます。

とはいえ、数秘術で「6」は具体的にどのような意味があるのか、どう解釈すればよいかと悩むことがあるかもしれません。

そこで、この記事では、数秘術6の意味や特徴を理解するための主な特徴解説します。

数秘術6の基本的な意味

数秘術6のもつ基本的な意味には、次のようなものがあります。

数秘術6の意味や特徴

愛や奉仕

数秘術6には、愛や奉仕といった意味があります。

6をもつ人は、人間関係や家族、家庭に関することに関心が強く、とくに近しい人間関係を大事にします。また、人を育てる、癒す性質があり、親切で面倒見がよく誰かの役に立っていることで満足感を得られる人です。

さらに、責任感が強く有能な人でもあるため、教師、看護師、カウンセラーなどの仕事で活躍できます。

理想主義

数秘術6は、理想主義であることも特徴です。

「何が正しくて何が間違っているか」といった道徳的なことに関心を寄せ、世の中の悲しい側面に胸を痛めます。そして、世の中の困難を抱えている人、助けを求めている人に共感を示し、助けたいという思いを抱きます。

ただし、すでに十分に他者に何かをしているにもかかわらず、「まだ十分じゃないかも…」と感じてしまうなど、必要以上に責任を感じてしまうところもあるため、自分自身を癒したりケアしたりすることも6の人には大切です。

芸術

数秘術6は、美や芸術といった意味もあります。

6には芸術的な性質もあり、音楽関連や俳優のほか、インテリアデザイナーなどの芸術的要素をもった分野で活躍できる可能性があります。

ディスティニー・ナンバーに6をもつ人は、直接的に人に何かを教えたり癒すといった分野以外でも、美や愛をもって、世の中に美しい調和をもたらす存在となるでしょう。

サイクルに6がある場合

数秘術6がサイクルに登場する場合には、次のような意味や解釈ができます。

パーソナル・イヤー・ナンバーに6がある場合

パーソナル・イヤー・ナンバーに6があるときは、奉仕や責任といったことがテーマとなるときです。

そのため、次のような行動が求められる可能性があります。

  • 家族や親戚などの問題に取り組む
  • 健康に注意する、自分のケアをする
  • 大切な人との関係に注力する

この年には、他者や自分自身への奉仕を意識して行動することが大切です。

ピナクル・ナンバーなどに6がある場合

ピナクル・ナンバーやチャレンジ・ナンバーに6があるときには、家庭での問題への取り組みがテーマとなる可能性があります。

数秘術6は家や家族、結婚・離婚、奉仕や義務、責任といった意味があり、結婚の機会が訪れる、家庭内で取り組みが必要な問題が起きるなどの可能性があります。

この時期には、自分個人の意識ばかりを重視するのではなく、誠実さや他者への思いやりをもって、必要な義務や責任を果たすことを意識しましょう。

数秘術6の副次的な要素

数秘術6といっても、6をもつ人がすべて同じ性質をもつのかというと、そうではありません。

数秘術のナンバーを調べるために名前や生年月日のナンバーを合計したときに算出された2桁の数字によって、もっている性質は異なります。

そのため、自分のナンバーがもつ性質を判断する際には、次のポイントにも注目しておくとよいでしょう。

合計して6になるナンバーを確認する

自分のナンバーを算出するときには、合計して6になる2桁のナンバーにも注目しましょう。

合計して6になるナンバー、たとえば

  • 15
  • 24
  • 33
  • 42
  • 51
  • 60
  • 69
  • 78
  • 87
  • 96

といったナンバーです。

これらのナンバーによってそれぞれ異なる性質をもつため、その点も踏まえると、より詳細に自分の性質などを判断できます。

2桁のナンバーを調べる方法

自分がもつ2桁のナンバーは、次のようなステップで確認できます。

たとえば、1990年1月4日生まれの場合にライフ・パス・ナンバーは6になりますが、生年月日を合計した計算結果は「24」です。(1+9+9+0+1+4=24)

この場合、6の他に「2と4」の意味も含まれるため、6とはいっても、「他者と協調する能力」と「安定した関係を築ける能力」などの性質を併せもちます。

この場合、ナンバーの意味の強さは「6>2>4」の順で考慮します。

まとめ

この記事のポイント

  • 数秘術6は奉仕する人
  • 他者に役に立つことで喜びを得られる
  • 同じ6でも人により性質は異なる

数秘術6は、他者へ奉仕する人です。

6をもつ人は、親切で面倒見がよく芸術感覚があり、それでいて責任感が強く有能な人です。

ただし、数秘術で6があるといっても、すべて同じ意味ではなく、計算したときの合計により異なる意味が含まれる場合もあるため、より詳細に自分の性質を理解したい場合はその意味も含めて判断してみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

この記事が役に立ったら応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングでフォロー

-数秘術の基礎